1. HOME
  2. javascript
  3. attr()の使い方は2種類ある。その使い方をまとめました。

attr()の使い方は2種類ある。その使い方をまとめました。

attrの使い方は2種類あって、
・属性の設定
・属性の取得
があります。

まずは①”属性の設定“です。
例題))img要素のsrc属性の値をimg1.jpgからimg2.jpgに変更したいとします。
その時は、

html
javascript

というふうに記載をすることでsrcを入れ替えることが可能になります。

②次に”属性の取得
例題))img要素のsrc属性の値をp要素に表示します。

html
javascript

これで使い分けができました。
attrは出現頻度が高いのでぜひぜひ覚えておきたいメソッドになります。

他のカテゴリーの記事をみる