1. HOME
  2. javascript
  3. .click()と.on(‘click’)の違いについて

.click()と.on(‘click’)の違いについて

.click()はページロード時に存在する要素にイベントを付与して、その後動的に追加されたものには有効ではない。

.on(‘click’)ページロード時後、動的に追加された要素にもイベントを付与してくれる。

つまり、.clickはhtmlに記載されているものにしか効かないのに対して、

.on(‘click’)は動的(Java Script)などで作成した要素に対してもイベントを追加することができる。

なので、.click()だとイベントを付与できる範囲が限定されてしまう可能性があるため、.on(‘click’)を使ってしまっていた方が、使い分けのことを考えなくてよくなるから、.on(click)を日頃から使うようにしておくことがオススメ。

他のカテゴリーの記事をみる