1. HOME
  2. javascript
  3. parseIntの使い方

parseIntの使い方

parseIntの使い方

parseIntは、文字列を整数に変換するJavaScriptのグローバル関数。

JavaScript

parseInt(str)の場合

例えば

JavaScript

で指定された場合、123という文字列が整数の123にデータ型を変換する。

parseInt()を使ったサンプル
JavaScript

注意点として
・文字列の最初に数値以外のものが入っていると、NaNを返す。
・マイナス値の場合は、問題なくマイナスの数値を返してくれる。

他にもparseInt(str, int)型があるけど、使う時があったら書き足そうと思います。

他のカテゴリーの記事をみる