1. HOME
  2. php
  3. PHPの定義済みの変数のまとめ

PHPの定義済みの変数のまとめ

$_GET

→URLパラメーターを受け取る際に使用する。

URLパラメーターとは

記載方法の例としては「URL/?posttype=post」
のようにURLの後ろに?をつける。
例の「URL/?posttype=post」の場合、posttypeはkey。postはvalue(値)となる。
もし、postという値を取ってきたいのであれば、以下のような記載が必要になる。

PHP

とすると、「post」という値を取ることができます。

$GLOBALS

→グローバルスコープで使用可能なすべての変数への参照
スクリプトのグローバルスコープに現在定義されているすべての変数への参照を含む連想配列。
変数名が配列のキーとなる。

$_POST

$_SESSION

→セッションとは、コンピューターのサーバー側に一時的にデータを保存する仕組みのこと。

似ているのもにCookie(クッキー)というものがある。
sessionとの違いは、cookieがブラウザ側でsessionがサーバー側でデータを保存する。

sessionを使うのであれば、「session start();」と関数を実行する。
例えを出してみる。

PHP
他のカテゴリーの記事をみる